賃貸物件のニーズ

賃貸物件で知っておきたいこと

  • トップ /
  • 賃貸物件で知っておきたいこと

保証人のいらない賃貸物件とは

賃料を支払うことで、気軽に住むことができる賃貸物件は、身軽に暮らしたい人のニーズにあった住まいです。仕事や自分の目標に合わせて住む地域を移動したり、間取りを選べるというメリットがあります。部屋を借りるに際しては貸主と借主の間で、賃料を含め色々な条件を含んだ賃貸契約を結びます。少し前までは、ほとんどの物件で保証人を必要としていましたが、社会の変化に伴い、最近ではその条件を満たすのが難しい事情も生じるようになっています。そこで増えているのが保証人不要物件で、たいていの場合保証人代行会社などの利用で契約が可能になります。

住居を借りる時には保証人を

賃貸を借りようと思ったらほとんどの場合、貸主からの連帯保証人を求められます。これは借主が何らかの事情で部屋の設備を壊したとか、家賃を滞納しているとき等に、借主に代わって責任を持つというものです。これが無いと賃貸した物件を踏み倒されてしまうので、万が一にそのようなことになったときに家賃等を回収できる人を確保しておきたいからです。しかしこの人にも条件があり、当然借りたものを返せるだけのお金を持っている人でなければなることができません。たいていの場合は親や兄弟になってもらうのが一般的です。学生で部屋を探すときはこのことにも気をつけるようにしましょう。

↑PAGE TOP