賃貸物件と連帯保証人

賃貸住宅、保証人なしで大丈夫?

  • トップ /
  • 賃貸住宅、保証人なしで大丈夫?

保証人なしでも賃貸に住みたい

賃貸物件の契約をする時、通常では連帯保証人を求められます。これは借主が何らかの問題をおこした時、借主が対処出来ない場合本人に代わり責任を負う人の事。大抵は親兄弟など近い親族に頼む人が多いものですが、ご高齢で収入が不足していたり、親戚と疎遠であったりして、頼める人が誰もいない、という場合もあります。そういう場合、賃貸住宅は契約できないのかと悩ましいものですが、最近は保証人なしで借りられる住宅が増えてきています。決して諦めることはありません。物件によって保証会社と契約したり、クレジットカードでの支払いが条件になる場合もありますので、まずはしっかり確認される事が大切です。

物件の保証人について

賃貸物件を利用するとき、契約する不動産会社などから保証人の記載を求められるのが一般的です。賃貸料が滞ってしまったときやトラブルが起こったときに、契約者が責任をとれなかったときに肩代わりをしてもらうという重大な意味を持っています。そのため、保証となってもらう人には親や親族などにお願いすることが多くなっています。ただ、保証になるのが嫌だと考える人も少なくありませんし、親や親族であっても相応の収入を持たない場合は認められないことがあります。そんなときは家賃保証会社に有料であるものの、依頼することができます。

↑PAGE TOP