賃貸契約のタイミング

賃貸物件の保証人について

  • トップ /
  • 賃貸物件の保証人について

留学生におすすめの賃貸

留学生におすすめの賃貸物件の選び方にこだわりたい場合には、空き時間を利用しながら、専門性の高い不動産会社に相談をすることが大事です。現在のところ、保証人が必要ない物件のメリットに注目をしている人が増えてきており、いざという時に備えて、自信を持って行動をすることが良いでしょう。また、賃貸物件の契約をするタイミングについては、人それぞれの生活のスタイルによって、大きな違いが出ることがありますが、経験豊かなスタッフからアドバイスを受けることによって、将来的なトラブルのリスクを最小限に抑えることが大切です。

物件を借りる時は保証人が必要

賃貸の部屋で気に入った物件があって、申し込んだときの手続きの中で、連帯保証人が求められるのが通例です。ほぼ例外なく、必要とされています。もし、借り主が何らかの問題を起こしたときに、借り主にかわって責任を負うとの役割を果たすためです。よくあるのが、家賃を滞納して払っていない、あるいは、備えつけの設備をつぶしてしまったが弁償できないという場合に、借り主のかわりに支払いを行うものなのです。もし、貸し主から支払いを求められたときに、借り主に請求するように抗弁はできません。大事な賃貸不動産を所有している貸し主にとっては、不測のアクシデントに備えて、確実に自分の権利を守ることができるようにとの趣旨で、こういった制度が設けられたのです。

↑PAGE TOP