賃貸物件を借りる時

賃貸を借りる時の注意点

  • トップ

賃貸の保証人と審査について

賃貸物件を借りようと考えた時、どんな物件に住むのかに気が向いてしまい、物件を決めてからのことが後回しになってしまう人がいます。賃貸物件を借りる前に、ほとんどの場合は次の段階で審査があります。この審査とは、借りようとしている本人が毎月しっかりと確実に家賃を払えるかどうかの確認をするようなもので、働いている場合は職場に連絡が入ったり、収入証明の提出を求められたりもします。また、借りようとしている本人が万が一家賃を払えなくなった場合のために、本人に代わって家賃を払うことを求められる保証人を立てることがほとんどです。

契約の保証人がいない人へ

賃貸で物件を借りようとする際には必ず保証人が必要となります。しかしながら、身内が誰もおらず準備できないときもあります。このような場合でも保証会社を使用することにより物件を借りることができます。保証会社は借主から初期費用や更新料を受領することにより、借主の負うべき債務、家賃、住居の更新料、退去時の原状回復費用などが借主から支払われなかったときでも、これらの債務について借主の代わりに貸主へ保証します。そのため、貸主としても安心して物件を貸し出すことができます。もし、賃貸契約を結ぶことができずに困っている場合には、保証会社の使用を検討してみて下さい。

↑PAGE TOP